家cafeなテーブル撮りを試みて


f0139890_15375956.jpg



f0139890_15375033.jpg



COCO DONUTのドーナツをSIGMA DP2xで撮る。この機種は黒い毛質のワンちゃんの毛並みまで描写するという感涙のレビューもある強者らしい。ドーナツのフワフワ感が醸し出されている。部屋にかかる白いレーヨンのカーテンを通した自然光の柔らかさが伝わってくる。

ドーナツ今にも手に取れそう(食いしん坊なり、笑)

SIGMA DP系はM(マニュアル)ピント合わせはダイヤル式。モニターでは分かり辛いという声もあるようだけど感覚を掴んで慣れるしかない。確かに「あれれ?」ということがある。

コントラストが自然なのも嬉しい。フィルムカメラにかなり接近していると思う。テーブルセットして撮るのが日課になりそうな予感。今日は今日とてお昼時にクラムチャウダーこしらえて撮ったど(^^)美味し♪嬉し♪
[PR]
# by maria-letter | 2012-01-13 15:59 |
心なごむ COCO DONUT 時間


f0139890_028255.jpg



思い立ったら止まらない(^^)イエイ♪ 新年の計は元旦にあり!カフェ好きはいっこうに収まる気配はなく加速中につき、つい[女子会なcafe巡り]と「まんまじゃん!」のノリでブログを作ってしまいました(^^)

[ 心なごむ COCO DONUT 時間 ]をアップ。気が向いたらみて下さいね♪ かなりリキ込めました(笑)

今年は

カフェ巡りの仲間と出逢っていきたいし

素敵な写真を撮る女性に話も聞きたい

今日メンテナンスに行った接骨院で「真綿色したシクラメンほど〜♪」という曲を作詞作曲した人の歌声が有線で流れていて、ふと「あの人は確か普通のサラリーマンの傍ら歌手&作曲活動をしてたんだよな」と思ったんですけど。
私ら(決めつけてる、笑)も主婦だったり、仕事持ちながらとかしながらカフェ巡りと写真を兼ねて生き甲斐にしている訳ですよね?
今はプロとかアマとかいう境目が弾けて、投稿作品主体の雑誌も複数ある時代。カメラの普及もそれに拍車をかけているのだと思うのだけど、素敵なことですよね。ブログが本になるケースだってある!素晴らしい。

私の今年の夢は出逢いを形にすること

夢を一人のものにしないこと

何人もの夢を揃えて何かアイデアを形にできないかと思い始めています。すぐには無理かも知れません。思うように運ばないかも知れません。でも交流することで何かが生まれるような気がします。

最近ひょんなことから 石村由起子さんという奈良でカフェを営む女性を知りました。遅いでしょ?でも今だからこそかも知れません。私の心境はまさに石村さんの数々の著書の中に。

ずっと夢を見続けていた

石村さんの力強いメッセージはすごく私を励ましてくれました。何かが始まろうとしている予感。それは私の身上に留まるかも知れません。世に出ることがないかも知れません。それでもカフェと写真と旅行が私の生活を彩っているのは間違いないと思うのです。

自分の写真に留まらず、素敵と思える写真はもっともっと評価されても良いと思っています。そのための働きかけを昨年から開始していますが、今のところ具体的成果はありません。でもトライする価値はある!そんな気がしています。

「楽しみはこれからだ」そういうことかも知れませんね。
[PR]
# by maria-letter | 2012-01-13 01:02 | カフェ風情
スイーツ万歳!


f0139890_17141716.jpg



cafe:Haru and haru
[PR]
# by maria-letter | 2012-01-11 17:15 |
Rawデータ X3Fファイル


先日ブラリ、中野フジヤカメラまで出かけた。で、ちまちま迷い続けていたSIGMA DP2xを買った。そこまでは良かった。いや…昨日、初!cafe巡りを無事終えたまでは順調だった。DP2xの描写力にほくそ笑み帰宅したまでは良かった。フジヤカメラの店員のおにいさんと知り合いの「Rawデータで撮ってこそ真価を発揮するカメラ」というのをしっかり覚えており、それに準じてスナップを楽しんだ。

え…っと、SIGMA DP系を持っている人なら分かると思うけれど、このシリーズのRawデータはTIFではない。X3Fという独自表記。従来どおりではパソコンで画像作業が出来ない仕組みとのことで、PHOTO PROなるディスクをインストールせねばならないとあった。でなければ画像を開くこと適わない…か?やれやれ面倒だが仕方ない。

ところが

我Macはそのディスクを読み込まない。ピクリとも反応しない。我Macどした!またいつものドタバタが始まる予感。
とりあえずカスタマーサポートに電話を入れた。電話口に出た女性は話にならず「お待ち下さい」ということで男性が対応してくれることになった。指示に従ってパソコン画面を睨みつつ作業して何とかディスクはインストール。嬉し嬉しで前もって取り込んだ画像を取り込むことに。

ところが、2

ウンともスンとも反応がない。画像を読み込まない。双方で「何故なんだろう」と頭を抱えた。相手もMacで作業過程を指導したものの機能しないということで「いったん電話を切って調べ直して、またかけ直します」という運びになった。私もその間のフリーダイアルに問い合わせてみた。ところが分かったのは環境に問題ないことだけだった。うなだれて電話を切り、SIGMAに再度電話かけたが、やはり原因が分からない。こうなったら後日改めてパソコン持参してみるしかないと電話を切った。SIGMAの人も申し訳なさそうでかえって私も申し訳ない思いを味わった。

夕食後、後片付けをして解決策を見出そうとしたが七転八倒。「もうRawデータで撮ってやんない!」とブチギレて(笑)これが最後とヤケになってデスクトップ上の画像フォルダーごとPHOTO PROの左部分のカッコ内にマウスで運んだ。その左部分にフォルダーがデスクトップ上のフォルダーが表示されないため作業したくてもできない状態だったのだ。

ところが、3

フォルダー「入った!」表示された!そして、オートマチックに画像がワラワラ出て来た(ToT)おぉ!と感涙にむせびないております
何だかよく分からんが結果オーライじゃないか…でも「どして?」どうしてデスクトップ上にDP2xで撮ったRawデータフォルダーだけが表示されないのかの問題は解決していないが、どうすればPHOTO PROで作業できるかの解説策は見出した。なぜかは分からんが作業できるのは有り難い。

SIGMAとで懇切に答えて下さったお二人には感謝。フリーダイヤルで応対悪いとかどぉとか苦情タラタラ垂らさずに済みましたw。



こういう躓きは私だけ?だと少なからず悲しいなぁ。



f0139890_13444086.jpg

[PR]
# by maria-letter | 2012-01-11 13:12 | 日々徒然
私も観光客なトロカデロ広場


f0139890_1942410.jpg



エッフェル塔のビューポイント、トロカデロ広場。修学旅行な児童集団やら三々五々のツーリストやら親子連れやらでごった返す中、怪しい物売りのおにいさんが鴨狙ってたりする。ここはパリ。



f0139890_19113525.jpg



トロカデロ広場はエッフェル塔を背にスナップ撮る人が後を絶たない。リュック背負った女の子はさながら女子カメラ?その後ろ姿を撮るアジア人がいる…私のことさ(^^)ふっ



f0139890_1992973.jpg

[PR]
# by maria-letter | 2012-01-08 19:14 | Paris
またもや突貫工事の気分高まり

2012年1月7日(土曜日)☀

またもやブログ整理のムシが騒ぎ出し…このムシは突然訪れ、そうすると気になり出して仕方なくなる。どうしたものか。またブログを閉じたり広げたりしようと頭の中は忙しい。

今年はブログ交流を活かして何か企画を起こしたいと思っている。呼びかけは季節暖まってから♪

乞うご期待!かどうかは100%微妙。とにかく今は考えを温めている段階。同時進行でカフェ巡りも着々と画策中。

話は変わるけれど、お仕事カメラ買い替えはしないことに。知り合いにひょんなことから「小林さんの使っている1D、あれ戦場カメラマン渡辺さんも使ってる機種ですよ」のひと言で「そうなの?」となり(笑)「じゃぁこれからもシャッター部分の摩耗修理を繰り返して1Dをこのまま使うことにするよ」とオチがついた。単純すぎる…、我ながらつくづくだ。

そこにはもっとハンディで画質優先のコンパクトな機種が欲しいという事情があって、カメラに詳しい青年にそこんところをガサ入れするつもりでかけた電話がきっかけ。私なりにレビューなどチェックして幾つか絞ってはいた。

FUJIFILMの100か、SIGMAのDPシリーズのどれか。

その青年は「CanonのPowerShot12もサクサクッと撮れるし、画像もかなり上がっているんですよ。でも奥行きのある写真をと言えば、SIGMAのDP2xと僕は思いますよ。実際店舗で手に取ってみてはいかがですか?」と言う。聞くより自分で試せ、ね(^^)了解なり

で、中野フジヤカメラに昨日出かけてみた。

店員さんにあれこれ質問を浴びせかけ、中古のSIGMA DP2を手に取って機能チェック。ちなみに中野フジヤカメラでは新作カメラは出してくれなかった。店員さんで対応が違うのかも知れない。前にPENを購入する際は出してくれたもんね。ま・それはいいとしてパンフレットで丁寧に説明してもらったお陰か…、迷い癖で迷走することなしに「じゃぁSIGMAに決めます」とアッサリ決定。

大丈夫か、自分!

で、帰宅後にバッテリー充電しながら鍋を作り食し、チャージ終了を待った。取扱い説明書を解きつつ設定をしてSDカードを装着。それで分かったのは

SIGMA DP2xはじっくり構えて撮る…コンデジにはあるまじき機種であり、描写力がデジタル一眼と比べて遜色がないということ。それはRawデータで撮った時に発揮されるということ。jpgではそれなりらしい(店員さん曰く)が、描写の奥行き感とリバーサルフィルムで撮ったような深い色彩に驚いた。PENも積むレンズで描写力は素晴らしくなるけれど、DP2xはそれを大きく凌いでいる。パンフレットのバリ島の画像サンプルはウソではない。それは被写体を選ぶということを意味している。

腕が鳴るじゃないか!などと鼻息も荒くなるというもの(^^)え?身のほど知らず?控えおろう!

クローズアップレンズも別売りであるようだけど、あまり寄れないとのこと。そこは何を被写体にして、どう迫るかの問題。粘り強く撮っていくしかなさそうだ。

5月だかのcafe Lottaの桜井かおりさん主宰のパリ旅行までに使いこなしておきたい。いや…、今月内のカフェ巡りに連れ歩こう!せっかくゲットしたんだから♪

私の興味はPENから離れ、DP2xへと移行。これに不滅のF3が加勢する…いやF3に新たなサブ機が仲間入り♪
試し撮りした感触ではDP2xはマニュアルで撮るからこそ活きるコンデジ。じっくり構えてスローでディープなスナップ時間って想像するだけで頬が弛む(笑)もう重たくてデッカい機材とはカフェ巡りとも旅行ともおさらば、さ。

え?ブログ突貫工事はどうした? また話散らかしちまいましたね(苦笑、申し訳ない)

ブログやHP整理は始まったばかり。またもや「あれ?またなくなってるよ」という舌打ちが聴こえてきそうだけど、季節風みたいなものと大目に見てやって下さい。

ちなみに

写真のない生活なんて考えられない」→「発信元......小林隆子」にしてテンプレート・内容ともに一新。他のブログもパターンを換えてみるつもり。

季節が暖まる頃には落ち着くはず。だって旅行が私を待っているから♪
[PR]
# by maria-letter | 2012-01-07 19:44 | 日々徒然
今年はこの場所に立つぞ!

f0139890_13373670.jpg




仕事カメラの老朽化につき、買い替えを検討中の身上ながら「もう少し老骨に鞭打って頑張ってもらおう」などと頭がもたげ「誰かお下がりくれないかなあ」などと厚かましい考えまで浮かぶ始末。今年はオリンピックイヤー。このサイクルでCanon・NIKONが新機種発表するのがスポーツカメラマン内では通例。知り合いに連絡するのもやぶさかではないかも。

それより私はパリ行きの機会が訪れているのだから動体速攻機種よりコンパクトな画質☆☆☆☆☆なコンデジはないものかと価格コムのレビューをチェックし始めている。FUJIFILMの10万円のにどうしても目が行ってしまう。他のコンデジにはないフィルムカメラ仕様は外観だけではないらしい。ダイアルでFUJIFILMのフィルム感をセレクトできる機能があるらしい。でも…やはり価格が問題、大問題だ。コンデジに10万円かけるくらいなら「しのごの言わずに7D買え!」という心の声がする。確かにそれは正論。

もし今岐路に立っているとして

右→これまで同様にスポーツジャンルの仕事を優先する機種を選択

左←新たなジャンルの写真家を目指して、連れ的な機種を選択

この2本の道に枝分かれするとして

本音は<左←>。老朽化しているのは私も一緒。スポーツカメラマンとして体力気力も限界。だが一番の枯渇は被写体への情熱だと思う。年越して思うのは心の底から私は何を撮りたいのかとか、写真を通して何をしたいのかとかいうことだし、趣味として割り切りたいのか、何らかの仕事に結びつけたいのかということ。

カフェを巡り、アンティークに魅せられ、こよなく旅を好む…そこにはいつもカメラがあるということ。

趣味の延長線上に何があるのだろう何ができるのだろう

先入観をとっぱらって今年は新たな取り組みに挑戦していきたいと思う。その第一弾の舞台がパリ!ということになりそうだ。出尽くしている感のある題材だけど、きっと切り口はあるはず。



今年はこの場所にもう一回立つぞ!



でも…大丈夫か?ユーロ…、2012年波乱の予感。政情不安となれば、旅行どころではなくなる。え?ユーロ安で今が旅どき?

そうなの・・・・・・か?



場所:トロカデロ広場(パリ)
[PR]
# by maria-letter | 2012-01-03 15:09 | 日々徒然