カテゴリ:Prague( 43 )
a stranger in Prague  第三の男的情景

f0139890_1411397.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-04-05 14:11 | Prague
a stranger in Prague  ヴルタヴァ川 夜の静寂

f0139890_14101069.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-04-05 14:10 | Prague
a stranger in Prague  夜の静寂

f0139890_1359079.jpg



スッカリ日が暮れてヴルタヴァ川沿いの公園を抜けてレストランを目指しました。ヨーロッパはこういう色の街灯なんですね。山吹色というのか。ライトアップされたプラハ…美しい。

歩きながらのPowershotG10スナップ
[PR]
by maria-letter | 2010-04-05 14:05 | Prague
ネコヤナギ

プラハ城へと続く石畳の階段。寒空にネコヤナギが…!
プラハの人々は「あぁ春がもう少ししたらやって来る」と思うのだそうだ。厳しい冬の後、まだまだ残雪をあちこちで見かけるプラハ。ネコヤナギは春の気配を告げる風物詩。



f0139890_23445512.jpg

       Nikon F3 / 50mm F1.4 / film : Ektar100
[PR]
by maria-letter | 2010-04-01 23:45 | Prague
a stranger in Prague カフェ風情


f0139890_10275946.jpg

NIKON F3 / 50mm F1.4 / film : Ektar100
[PR]
by maria-letter | 2010-03-19 10:28 | Prague
a stranger in Prague ヴルタヴァ川朝陽に照らされて


プラハなchihua**hua は私が訪問するのが楽しみなブログのひとつ。プラハ熱は高まるばかりだったが、とうとう訪問してしまったほどだ…しかももう「秋にしようか」「来年の春にしようか」「いや、初夏なんてどうだろ」とブツブツ次のことを考えてたりする自分が怖い(笑、先立つものは大丈夫なのか!)。

プラハ熱、着火点はそれぞれのようだ。『のだめカンタービレ』だったり、私は観ていないけれど韓流『プラハの恋人』だったり、私のように写真に魅了されてというケースも。

今日 ヴルタヴァ川水辺の写真 が偶然アップされていた。私が用意したのも水辺の白鳥の写真。何だかちょっと密かに勝手に嬉しかったりする♪

私は冬の寒々しいプラハを是非!撮りたいとプラハを訪れたが「天気には恵まれたものの雪には恵まれず」。それでも春待ちのプラハを堪能できたことは嬉しかった。第一転けずに済んだのは良しとせねば。


朝陽に照らされた白鳥たち。もうそれだけで絵になる…!シベリアに還る白鳥の写真が昨日の朝刊の一面を飾っていた。白鳥は遠くで「美しいなあ」と見とれていた方が無難か…、私が岸辺でカメラ構えたとたんに1羽2羽と水から上がって来て「あれ?パンは?」なマジ目にちょっと後ずさった。「ごめん!パン持ってないんだ」と言うと日本語がまさか通じたのではあるまいが、やれやれというふうにまた戻っていった。

しかし…あのフォームは…写欲をそそる…まさに渡り鳥の女王に相応しいお姿!かと。




f0139890_10294791.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-03-18 10:29 | Prague
プラハを描く人
プラハ城へと続く上り階段。道路際の塀、ひょいと腰掛けて眼下のプラハを描く男性。カメラを向けても涼しい横顔のまま、描くことに集中していた。

プラハにはこうした絵になる普通の人々が暮らしている。力んだ伊達オトコはとんと見当たらない。時おりトレンチコートのイケメンに遭遇するが、決してファッション雑誌などに振り回されない…そこには自分流がある。心から「おしゃれだなあ」と思った。




f0139890_14285032.jpg





古本屋の主人も髭を蓄え、これまた写欲をそそられたが、私はアンティーク写真集を目の色変えて選ぶ有様!多分、ポートレートのひとつやふたつ撮らせてくれたとは思う。心から自分が情けないが、次回の楽しみに取っておくか…!
連れて行ってくれた方の目利きで納得の写真集をお買上げ♪ 自分用に熱っぽくゲットしたものの帰り道…あるカメラマンの顔が頭から離れず、帰国して手渡すことにした。

ページを開くとチェコ語の文章が何ページにも渡って書き連ねられており、捲っていくとモノクロームのプラハがそこに横たわっていた。『今を生きる』…時を隔て、その写真家の『目』が私たちに訴えかけてくるようだった。




f0139890_14285834.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-03-17 14:29 | Prague
石畳 冷たい水の中に


f0139890_14164078.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-03-17 14:16 | Prague
a stranger in Prague 時を刻む


f0139890_14142949.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-03-17 14:14 | Prague
空と解け合うように行く


f0139890_1412412.jpg

[PR]
by maria-letter | 2010-03-17 14:12 | Prague