<< スイーツ万歳! 私も観光客なトロカデロ広場 >>
Rawデータ X3Fファイル


先日ブラリ、中野フジヤカメラまで出かけた。で、ちまちま迷い続けていたSIGMA DP2xを買った。そこまでは良かった。いや…昨日、初!cafe巡りを無事終えたまでは順調だった。DP2xの描写力にほくそ笑み帰宅したまでは良かった。フジヤカメラの店員のおにいさんと知り合いの「Rawデータで撮ってこそ真価を発揮するカメラ」というのをしっかり覚えており、それに準じてスナップを楽しんだ。

え…っと、SIGMA DP系を持っている人なら分かると思うけれど、このシリーズのRawデータはTIFではない。X3Fという独自表記。従来どおりではパソコンで画像作業が出来ない仕組みとのことで、PHOTO PROなるディスクをインストールせねばならないとあった。でなければ画像を開くこと適わない…か?やれやれ面倒だが仕方ない。

ところが

我Macはそのディスクを読み込まない。ピクリとも反応しない。我Macどした!またいつものドタバタが始まる予感。
とりあえずカスタマーサポートに電話を入れた。電話口に出た女性は話にならず「お待ち下さい」ということで男性が対応してくれることになった。指示に従ってパソコン画面を睨みつつ作業して何とかディスクはインストール。嬉し嬉しで前もって取り込んだ画像を取り込むことに。

ところが、2

ウンともスンとも反応がない。画像を読み込まない。双方で「何故なんだろう」と頭を抱えた。相手もMacで作業過程を指導したものの機能しないということで「いったん電話を切って調べ直して、またかけ直します」という運びになった。私もその間のフリーダイアルに問い合わせてみた。ところが分かったのは環境に問題ないことだけだった。うなだれて電話を切り、SIGMAに再度電話かけたが、やはり原因が分からない。こうなったら後日改めてパソコン持参してみるしかないと電話を切った。SIGMAの人も申し訳なさそうでかえって私も申し訳ない思いを味わった。

夕食後、後片付けをして解決策を見出そうとしたが七転八倒。「もうRawデータで撮ってやんない!」とブチギレて(笑)これが最後とヤケになってデスクトップ上の画像フォルダーごとPHOTO PROの左部分のカッコ内にマウスで運んだ。その左部分にフォルダーがデスクトップ上のフォルダーが表示されないため作業したくてもできない状態だったのだ。

ところが、3

フォルダー「入った!」表示された!そして、オートマチックに画像がワラワラ出て来た(ToT)おぉ!と感涙にむせびないております
何だかよく分からんが結果オーライじゃないか…でも「どして?」どうしてデスクトップ上にDP2xで撮ったRawデータフォルダーだけが表示されないのかの問題は解決していないが、どうすればPHOTO PROで作業できるかの解説策は見出した。なぜかは分からんが作業できるのは有り難い。

SIGMAとで懇切に答えて下さったお二人には感謝。フリーダイヤルで応対悪いとかどぉとか苦情タラタラ垂らさずに済みましたw。



こういう躓きは私だけ?だと少なからず悲しいなぁ。



f0139890_13444086.jpg

[PR]
by maria-letter | 2012-01-11 13:12 | 日々徒然
<< スイーツ万歳! 私も観光客なトロカデロ広場 >>